梅雨と言えば、ジメジメとうっとうしいだけのタイミ

梅雨と言えば、ジメジメとうっとうしいだけのタイミングというお客も少なくありません。
確かに暑い中に潤いが混じって、エアが厳しいと感じる時は多いです。
も、わりと梅雨を嫌がってるのは、性分だけのような気がするのです。

ひとたび、植物にとっては思いやりの大雨となりますね。
水は植物にとりまして育つのに必要なめしの一つですから。
大雨のおかげで、性分が水やりをサボっても、力強く成長しているのでしょう。

鳥獣はどうでしょう。
大雨が降るため元気になる生物もいますよね。
カエルとか魚とかミミズとか、大雨が降らなければ乾いて生が失われていきます。
大雨は鳥獣にとっても思いやりを与えていらっしゃる。

そうしてやはり私たち性分にも思いやりを与えています。
まるで、私たちが毎年使ってる水ですが、大雨が降ってくれなければ出なくなります。
大雨が降らないと、ダムに水が溜まらず、水不足の原因となるのです。
水不足をドキドキしながら、節水をしているお客はどれくらいいるかわかりませんが、大雨が降らなければ電気も使えなくなる。

性分は植物や生物を食べて生きています。
自然の思いやりにて生きているのです。
梅雨も適切自然の摂理だ。
女の子を産み分けられる?

ただ嫌がるのではなく、面白く過ごす工夫をしていかなければならないのではないでしょうか。